無料カウンター Powered by 
 FIX2RENT
FC2ブログ
サブカルホリック

見たもの聞いたものを書き連ねる雑種ブログ。
× プロフィール

yuuuming

Author:yuuuming
好きなものはたくさんあれど、
むらがあるので、
本の感想ばっかりになったり、
マンガの感想ばっかりになったり、
写真ばっかりになったりすることも。
感想は基本的にちょうネタばれしてます。
すみません。

相互リンクも随時募集中ですので
コメント欄からお気軽にご連絡ください。
※利用しているキャプ画像・
スキャン画像などは
全て各放送局及び製作会社・
出版社に著作権が帰属します。
※一番上のカウンターは無視してください。
消し方がわからない…orz
【2009年】本:37冊/展覧会:30箇所
【2010年】本:189冊
展覧会:37箇所/映画:34本

× FC2カウンター
× 最新記事
× 最新コメント
× カテゴリ
× 最新トラックバック
× 月別アーカイブ
× RSSリンクの表示
× リンク
× トリップアドバイザーにお薦めブログとして認定されました☆
京都の旅行情報
京都の旅行情報
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
× スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



× 2013年9月の読書メーターまとめ


2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:74冊
読んだページ数:10525ページ
ナイス数:398ナイス

菊池亜希子ムック マッシュ vol.4 (SHOGAKUKAN SELECT MOOK)菊池亜希子ムック マッシュ vol.4 (SHOGAKUKAN SELECT MOOK)感想
ま、真似したい…!っていうコーディネートがたっくさん!コーディネートはこーでねーとですよ、ほんまに。菊池あっこちゃん、ほんと可愛い~
読了日:9月30日 著者:菊池亜希子
そんな場合じゃないだろう! (ミリオンコミックス)そんな場合じゃないだろう! (ミリオンコミックス)感想
は、はん子さーーーーん!あぁ、私の好きなはん子さんでした。この独特の雰囲気。ちょっと軽い受けと攻め。なんだかんだ言って好きよ、の関係。でも陳腐じゃないのよ、そうなのよ。いつも思うが登録数少なすぎやろ。
読了日:9月29日 著者:神楽坂はん子
アイスクリームライン 下 (IDコミックス gateauコミックス)アイスクリームライン 下 (IDコミックス gateauコミックス)感想
上下巻でキスまで。BL基準で言うとこうでしょうか。正直、あまり期待せずに買ったんですが、丁寧に気持ちが動いていく感じが、すごくよくて、あ、いいマンガ買ったなって素直に思えました。
読了日:9月29日 著者:たし
アイスクリームライン 上 (IDコミックス gateauコミックス)アイスクリームライン 上 (IDコミックス gateauコミックス)
読了日:9月29日 著者:たし
カッコ悪くてカッコイイ君 (ディアプラス・コミックス)カッコ悪くてカッコイイ君 (ディアプラス・コミックス)感想
なんか読んだことあるような…と思ったらやっぱり一回買ってドナドナしたやつだったんやなぁ。初読時はムリムリ!って思ったみたいですが、二回目はお互いがお互いしか見えていない関係性っていうのを興味深く読んだ感じ。それくらいになってみたいっていう願望の現れか…。お互いがお互いとも同じレベルでお互いしか見えていなかったら無問題ですが、それがかたっぽだけ…になったとたん、悲劇ですよね。
読了日:9月29日 著者:麻生海
この恋は秘密 (ビーボーイコミックス)この恋は秘密 (ビーボーイコミックス)感想
木原さんの小説の挿絵をされてて、それ以来気になってる作家さん。ストーリーはベタベタですが、(登場人物がインド人っていうのは珍しいかも)とにかく絵が好み!身体が美しい~!で目の保養な一冊でした。正直収納スペースないし、売ろうかな…と思ってしまいますが、絵が好みすぎて悩ましい~。
読了日:9月29日 著者:あじみね朔生あじみね朔生
盗んだリンゴは甘い (アイズコミックス BLink)盗んだリンゴは甘い (アイズコミックス BLink)感想
最後のかきおろしがよかったな♪
読了日:9月29日 著者:オオヒラヨウ
スタンレー・ホークの事件簿IV  冥罰‐‐リトリビューション (角川文庫)スタンレー・ホークの事件簿IV 冥罰‐‐リトリビューション (角川文庫)感想
これでスタンレーホークシリーズ最後なの?最後なの?ラストの話はどうも別本のかきおろしでかかれたものみたいで、本気で連載してる分じゃないみたいで…。山藍さんの作品、アレキサンドライトが群をぬいて好きなんですが、バージルシティの世界観、すごく完成されてていいなぁと思ったので、もうちょっと読みたいというのが正直なところ。ドラゴンのタトゥーをいれるところを、ぜひ本仁戻さんの絵でマンガとして読みたいです。
読了日:9月29日 著者:山藍紫姫子
熱砂と月のマジュヌーン (GUSH NOVELS)熱砂と月のマジュヌーン (GUSH NOVELS)感想
ひたすらヤッテル、ヤッテルです。でもヤッテルダケにならないのはさすが木原さんだなぁ。同人誌初出ということで、あーなるほどと思いました。みっともない男、どうしようもないくらい救いようもない男を描かせると天下一品、アラブものでも健在でした。
読了日:9月29日 著者:木原音瀬
アヒルの卵 (キャラコミックス)アヒルの卵 (キャラコミックス)感想
頭まっしろーにして読めますってあったんですけど、ほんとにまっしろーにして読めたし、かつ面白かったしで、まんぞくまんぞく。
読了日:9月28日 著者:倫敦巴里子
美しいこと(下)  (Holly NOVELS)美しいこと(下) (Holly NOVELS)感想
再読です。ひ、ひ、ひ、寛末~~~~こんの野郎!ってもだもだしてしまいました。気になる、冷たくされるとと傷つく、もしかしたら好きになるかもしれない、だからそばにいてってオイオイ。1回目振って、2回目またやりとりを再開しだした時の寛末って完全に、松岡とうまくいかないってわかってますよね。優柔不断さがとにかく目について、読んでてけっこうしんどかった。一回目読んだ時、確か木原音瀬さん作品を読んだことなくて、なんて面白いんだ!って感動した…でも優柔不断シーンが長すぎて再読まではなぁとなってたんでした、確か。
読了日:9月28日 著者:木原音瀬
迷信話集 うつつのほとり(クロフネコミックス)迷信話集 うつつのほとり(クロフネコミックス)感想
これで終わりなのかなぁ。もっと読みたいなぁ。続きがあると信じて疑わなかったけど、どうやらここで終わりみたいで、悲しくなりました…。
読了日:9月23日 著者:草間さかえ
つまらない二宮さん (G-Lish comics)つまらない二宮さん (G-Lish comics)
読了日:9月23日 著者:平眞ミツナガ
こどもの瞳 (幻冬舎ルチル文庫)こどもの瞳 (幻冬舎ルチル文庫)感想
再読。初読時に、続きよみたーい!と切実に願ったことしか覚えてなくて、読み返して改めて続きよみたーい!ってなりました。記憶が戻って仁のところに引っ越すって決めて…そこから先が読みたいじゃん!あ、こどもの瞳2ってことはこの続き?って思って期待して読み進めたらジョーが小学四年生だし、担任の先生の話だし!いやーしかし、こっちの話も相当に続きが気になりました。(こっちはここでお話は完結してるかもしれないけど)トータルで言うと、やっぱり続きよみたーい!ってことですね笑
読了日:9月23日 著者:木原音瀬
失恋ショコラティエ 7 (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 7 (フラワーコミックスアルファ)感想
久しぶりにマンガ読んでイライラしてしまいました…。ソータがサエコさんにほだされて寝てしまうところまではわかるけど、そのままえれな放置…そして薫子さんがえれなのガラスの靴を言葉の暴力でたたきわって自己嫌悪。どれだけ人を傍若無人に傷つければ気が済むんでしょう。サエコさんと薫子さんの会話を見ていたら、日本人同士なのにまったく気持ちが浸透しあってなくて、こういうディスコミュニケーションってあるあるだよな~と思った。読み応えあるけど…巻を重ねるごとにフラストレーション累積しそうなマンガです。
読了日:9月23日 著者:水城せとな
嘘つきは紳士のはじまり (EDGE COMIX)嘘つきは紳士のはじまり (EDGE COMIX)感想
再読。松尾アマタさんの描く男の人の骨格の美しさ!惚れ惚れ~。アメリカが舞台ですけど、この絵のとんでもないおしゃれっぽさ、UKっぽいな~って思いながら読んでました。絵うまいですよね~。これがデビューコミックスとは。。。松尾アマタさん、絵も雰囲気も大好きなのでもっとたくさんいろんな作品を読みたいです。
読了日:9月22日 著者:松尾マアタ
開いているドアから失礼しますよ (新装版) (ビーボーイコミックス)開いているドアから失礼しますよ (新装版) (ビーボーイコミックス)感想
正一兄さんのなんて色っぽいこと。。。!本田兄弟はいい男ぞろいだね~。このシリーズ、ユギさんに本格的にはまったきっかけだし、どっぷりBL読みまくることになったきっかけの漫画だし、自分の中で思い入れ深いものがあります。
読了日:9月22日 著者:山田ユギ
Punch 4 (ビーボーイコミックス)Punch 4 (ビーボーイコミックス)感想
3巻から時間があいててうろ覚えなままの初読だったんですよね~。一気読みすべき漫画だったんだなぁ。コータンともとはるの関係性の変化が、すごく如実で、しかもとってもいい方向に変わってるんですよね。お互いの関係性だけじゃなくて、お互い大事な人ができたことによって人間としてもプラスの方向に変わってて。いいカップルだなぁとしみじみ感じました。
読了日:9月22日 著者:鹿乃しうこ
Punch 3 (ビーボーイコミックス)Punch 3 (ビーボーイコミックス)感想
改めて読むと、かなり印象違う~びっくりです。コータンの過去はかなり切ない。。。吉田秋生さんも相当ですけど、鹿野しうこさんも心理描写がすごい!と思いました。(エロはすごいとは思ってたけど、心理描写についてはそう感じたの初めてかも)15歳のコータンは愛情に飢えて飢えてしょうがなくって、読んでてこっちまで辛くなるよ。。。ウウ
読了日:9月22日 著者:鹿乃しうこ
Punch 2 (ビーボーイコミックス)Punch 2 (ビーボーイコミックス)
読了日:9月22日 著者:鹿乃しうこ
Punch (ビーボーイコミックス)Punch (ビーボーイコミックス)感想
再読。コータって最初こんなにかわいくなかったのか・・・(驚)お互いけっこう意地っ張りで、もとはるがコータにめろんめろんなイメージが強かったので意外でした。
読了日:9月22日 著者:鹿乃しうこ
ジュテーム、カフェ・ノワール (Dariaコミックス)ジュテーム、カフェ・ノワール (Dariaコミックス)感想
表題作がかなり好き。ヤマシタトモコ作品で、食物処明楽並みに好きかも。あのページ数で完成された世界ですよね~
読了日:9月22日 著者:ヤマシタトモコ
In Red (インレッド) 2013年 07月号 [雑誌]In Red (インレッド) 2013年 07月号 [雑誌]
読了日:9月22日 著者:
今宵おまえと 1章 (ミリオンコミックス  Hertz Series 89)今宵おまえと 1章 (ミリオンコミックス Hertz Series 89)感想
いやー、やっぱりいい話だ。木下けいこさんの、気持ちを丁寧におっかける話って、間違いないよね。ひとつひとつの感情がすごく説得力があって、素敵。
読了日:9月22日 著者:木下けい子
笑う大天使(ミカエル) (第2巻) (白泉社文庫)笑う大天使(ミカエル) (第2巻) (白泉社文庫)感想
そうだそうだ、各人の番外編もそういえばあったよね。読み返してから思い出した。そしてトラウマ本だったことも思い出した。おハルさんの話がかなしうてかなしうてたまらないのです。
読了日:9月22日 著者:川原泉
笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)
読了日:9月22日 著者:川原泉
リトル・バタフライ (3) (GUSH COMICS)リトル・バタフライ (3) (GUSH COMICS)感想
母親が自分にとって受け入れられない時期をすっかり記憶から抜け落としているあたりの描写、ぞっとします。彼氏という存在にしろ、夫という存在にしろ、親という存在にしろ、往々にして苛立ちを感じてしまうことが、友人という存在に比べて多々あるように思うんですが、それはその存在に対して、理想形を自分の中で作ってしまってるからなんでしょうね。期待した時点で、いらだちの元を作ってるも同じですから。親はかくあるべき(ではないのか?)というのがあるもんだから読んでて辛いんだよな。恋する暴君も面白いけど、これも名作だと思います。
読了日:9月22日 著者:高永ひなこ
リトル・バタフライ (2) (GUSH COMICS)リトル・バタフライ (2) (GUSH COMICS)感想
金銭的に自立できない年だから、親にどうしようもなく進路を左右されていて、息苦しいだろうなぁ。田舎の閉塞感を描いてる作品も自分まで苦しくてゲフンゲフンなりますが、こちらも、相当です。
読了日:9月22日 著者:高永ひなこ
リトル・バタフライ (GUSH COMICS)リトル・バタフライ (GUSH COMICS)感想
再読です。やっぱり読み返すと好きな作品だなぁとしみじみ。たしかに、高永ひなこさんいしてはシリアス路線かも。発売当初は熱が冷めていたので、暴君にしても、イラスト集に見向きもしなかったけど、いまさらほしいなぁと思ってしまいました。
読了日:9月22日 著者:高永ひなこ
ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)感想
大好きです。ですが、話をびっくりするくらい忘れていて、途中からもういっかい読み直そうと思いました。
読了日:9月22日 著者:岩明均
CasaBRUTUS特別編集 浦沢直樹読本 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)CasaBRUTUS特別編集 浦沢直樹読本 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)感想
絵に華がないと言われていて、あーそう評する人もいるのか、なるほどと。
読了日:9月22日 著者:マガジンハウス
PLUTO 8 (ビッグコミックス)PLUTO 8 (ビッグコミックス)
読了日:9月22日 著者:浦沢直樹
PLUTO 7 (ビッグコミックス)PLUTO 7 (ビッグコミックス)感想
浦沢作品は一気読みに限りますよね。展開が丁寧・・・映画みたいにすごく何重にも伏線をはるからさささっと話が動かなくてたまにいらっとするのは私だけでしょうか。。。(だってそんなに記憶力よくないしー)プラハのお城に住んでいた音楽を愛するロボットの話は悲しいよねぇ。残された老作曲家がどうなったんだろうとか、考えちゃうと、たまらなくなるな。
読了日:9月22日 著者:浦沢直樹
PLUTO 6 (ビッグコミックス)PLUTO 6 (ビッグコミックス)
読了日:9月22日 著者:浦沢直樹
PLUTO 5 (ビッグコミックス)PLUTO 5 (ビッグコミックス)
読了日:9月22日 著者:浦沢直樹
PLUTO 4 (ビッグコミックス)PLUTO 4 (ビッグコミックス)
読了日:9月22日 著者:浦沢直樹
PLUTO (3) (ビッグコミック)PLUTO (3) (ビッグコミック)
読了日:9月22日 著者:浦沢直樹
PLUTO (2) (ビッグコミックス)PLUTO (2) (ビッグコミックス)
読了日:9月22日 著者:浦沢直樹
PLUTO (1) (ビッグコミックス)PLUTO (1) (ビッグコミックス)
読了日:9月22日 著者:浦沢直樹
In Red (インレッド) 2013年 10月号 [雑誌]In Red (インレッド) 2013年 10月号 [雑誌]感想
永作博美さんがユーズドリーバイスをはいてるコーデがめっちゃかわいかった。なんて可愛いんだこの人は。ボーイッシュ、かわいいよね~。日に日にガチでボーイッシュ、ミリタリー方面に走る自分がいるわ。
読了日:9月21日 著者:
ありえない二人 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)ありえない二人 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
読了日:9月21日 著者:山田ユギ
誰がおまえを好きだと言った (バンブー・コミックス 麗人セレクション)誰がおまえを好きだと言った (バンブー・コミックス 麗人セレクション)感想
ユギさーーーーーん!!!!と叫びたくなった。ユギさんの漫画、すごくいいよね・・・!特にこの頃の絵、すっごいみんなかっこいい、色っぽい。畳敷きのアパートがよう似合うカップルたちよ。
読了日:9月21日 著者:山田ユギ
ホネヌキにされたい (ビーボーイコミックス)ホネヌキにされたい (ビーボーイコミックス)感想
北上れんさん、シグナルレッドベイビーだけ大阪にもってって、あとは全部実家に置いてっちゃったんですよね。・・・ということで実家にいるあいだにできるだけたくさんの漫画を読みつくそうと思って読みまくってます。ワンコなモデルくんの話、そういえばけっこうお気に入りだったわ。
読了日:9月21日 著者:北上れん
ひとり占めセオリー (ビーボーイコミックス)ひとり占めセオリー (ビーボーイコミックス)
読了日:9月21日 著者:北上れん
みちづれポリシー (ビーボーイコミックス)みちづれポリシー (ビーボーイコミックス)
読了日:9月21日 著者:北上れん
キスブルー II (ミリオンコミックス)キスブルー II (ミリオンコミックス)
読了日:9月21日 著者:木下けい子
キスブルー (ミリオンコミックス85)キスブルー (ミリオンコミックス85)感想
辛いよね~っていうのがびしびし伝わってきて、切なくなるんですよ。半年に一回くらい読み返してます。
読了日:9月21日 著者:木下けい子
リンネル 2013年 09月号 [雑誌]リンネル 2013年 09月号 [雑誌]
読了日:9月21日 著者:
すずちゃんの鎌倉さんぽ―海街diary (フラワーコミックススペシャル)すずちゃんの鎌倉さんぽ―海街diary (フラワーコミックススペシャル)
読了日:9月21日 著者:海街オクトパス
海街diary(うみまちダイアリー)5 群青 (flowers コミックス)海街diary(うみまちダイアリー)5 群青 (flowers コミックス)感想
吉田秋生さんって深くて面白くてただではすまさない・・・そんな漫画をもうデビュー当時からずーっとかき続けていて、この人の創作のインスピレーションはどこから来ているんだろう。あふれてとまらないのかしら?とにかく、天才だと思った。面白かった。
読了日:9月21日 著者:吉田秋生
海街diary 4 帰れない ふたり(flowers コミックス)海街diary 4 帰れない ふたり(flowers コミックス)
読了日:9月21日 著者:吉田秋生
海街diary 3 陽のあたる坂道 (フラワーコミックス)海街diary 3 陽のあたる坂道 (フラワーコミックス)感想
好きよりも嫌いの方が伝わりやすい―なんて深い言葉なんだ。感動した。
読了日:9月21日 著者:吉田秋生
海街diary 2 真昼の月 (フラワーコミックス)海街diary 2 真昼の月 (フラワーコミックス)
読了日:9月21日 著者:吉田秋生
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃海街diary 1 蝉時雨のやむ頃感想
だいぶ前にお借りして読みました。再読。
読了日:9月21日 著者:吉田秋生
リンネル 2013年 11月号 [雑誌]リンネル 2013年 11月号 [雑誌]感想
超~~~~~~かわいかった!!!!秋物ってなんてかわいいんでしょう。カバンと靴をあわせてコーディネートしましょうっていう特集がとってもよかったです。あーはやくブクオフで100円にならないかな~←
読了日:9月21日 著者:
リンネル 2013年 08月号 [雑誌]リンネル 2013年 08月号 [雑誌]
読了日:9月21日 著者:
太陽をなくした街 (幻冬舎ルチル文庫)太陽をなくした街 (幻冬舎ルチル文庫)感想
ルチル全サのために購入。意外と面白かった。奈良さんのイラスト、交渉人シリーズあたりとか、どうなることかと思ってたけど、これってかなり気合いれて描いてる感じがしました。主人公の淡々としているところが好きだったので、するする読めたんですが、やっぱりラストがそこが落とし所かー…と。しょうがないかもしれないですが、中途半端なところが否めず。
読了日:9月19日 著者:水原とほる
はつ恋 (ビーボーイノベルズ)はつ恋 (ビーボーイノベルズ)感想
再読。ぼーんやりとしか覚えてなかったけど、読みはじめたらうっすら思い出してきた。時がたつと、こんなにも見え方が変わるのかと。面白いね。榎田先生はほんとリーダブルやね〜
読了日:9月19日 著者:榎田尤利
上海金魚 (CROSS NOVELS)上海金魚 (CROSS NOVELS)感想
この雰囲気、たまらなくよいんだよなあ。ぎりぎりまで伺ってたところで、最後の夜に身体の関係にもつれこんじゃうところ、すごく好きなんだなあ。ユウキちゃんが上京するあたりって、同人誌だっけ?また読みたくなったな。
読了日:9月16日 著者:かわい有美子
知らないと恥をかく世界の大問題2  角川SSC新書 (角川SSC新書)知らないと恥をかく世界の大問題2 角川SSC新書 (角川SSC新書)感想
すごくわかりやすい。ただ、右翼的な発言が目についた。
読了日:9月16日 著者:池上彰
摩天楼で愛を囁いて (ビーボーイノベルズ)摩天楼で愛を囁いて (ビーボーイノベルズ)感想
ほぼ斜め読みだった…。ちしょうさんがすごいやり手の実業家らしいけど、そこらへんがまったくわからんのだが。
読了日:9月11日 著者:遠野春日
嫉妬は黄薔薇に託して (ビーボーイノベルズ)嫉妬は黄薔薇に託して (ビーボーイノベルズ)感想
ジーンが美人。もっと言うと、功兄さんがめちゃくちゃかっこよくてびっくりした。ふぉぉ…!ってなりました。デレがちょっとずつ入ってきたジーン、最後ツンツンしつつも恭平さんに甘えてるところはかわいかったな。
読了日:9月8日 著者:遠野春日
草間さかえ画集草間さかえ画集
読了日:9月8日 著者:草間さかえ
HEART SUMMER in LeopardHEART SUMMER in Leopard感想
先生とりんかカップル、私も大好き。先生がどんどんやわらかくなって、相思相愛でいいよね~。安定のカプだわ。
読了日:9月7日 著者:扇ゆずは
告白は花束に託して (新装版) (ビーボーイノベルズ)告白は花束に託して (新装版) (ビーボーイノベルズ)感想
ジーンはほんと美人さんやねぇ。ただツンがあまりにもすごすぎてあぁ、もうええですわ…となってしまいました。
読了日:9月1日 著者:遠野春日
摩天楼の恋人 (新装版) (ビーボーイノベルズ)摩天楼の恋人 (新装版) (ビーボーイノベルズ)感想
すれい違いまくりで大団円が待ってると分かっててもあわわわあわ~ってひとりもだもだしてしまう。
読了日:9月1日 著者:遠野春日
天使のささやき 2 (リンクスロマンス)天使のささやき 2 (リンクスロマンス)感想
あーおもしろかった!ストーリーとしては散漫な感じかもしれないですが(エピソードひとつひとつが小さいというか…)でも10ページに1回は萌え!ってなるのでまったく気になりませんでした。ミネさんかっこよすぎるし、名田くんかわいすぎるし、遠藤君相変わらず剃刀みたいにとぎすまされてるし、神宮司は寡黙なワンコだし、ラストのかきおろしSSはみんな大集合でにやにやしちゃったね。イケメンパラダイスなので、バックミュージックはオレンジレンジのイケナイ太陽でしたわよ。
読了日:9月1日 著者:かわい有美子
marisol (マリソル) 2013年 03月号 [雑誌]marisol (マリソル) 2013年 03月号 [雑誌]感想
2月の服装はこれ!っていう推しに驚愕。ぜっっっったい無理っていうくらいの薄着。サンダルとかあったんですけど…。
読了日:9月1日 著者:
OPERA Vol.40 (EDGE COMIX)OPERA Vol.40 (EDGE COMIX)感想
テレビ業界出身っていうわけじゃなかったのか!てっきり出身者なのかと…。東京心中本編も終わったと思ったら終わってなくてたっぷり読めて大満足。
読了日:9月1日 著者:トウテムポール,中村明日美子,四宮しの,cocounco,夏糖,黒江S介,ZAKK,新井煮干し子,雪路凹子,三崎汐,宮沢草雨,語シスコ,井戸ぎほう,鴨川てるち
ひみつのセフレちゃん~もっと! 恋人編~ (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)ひみつのセフレちゃん~もっと! 恋人編~ (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)感想
オカ君かっこよすぎてやばい!ダンスの練習をどたばた部屋でやるトモくんがおもしろすぎた。あと、カバー下も面白かった…。ヤマヲミさんすごい!
読了日:9月1日 著者:ヤマヲミ
痛姫×ライバルは隠れオタク (Feelコミックス オンブルー)痛姫×ライバルは隠れオタク (Feelコミックス オンブルー)
読了日:9月1日 著者:七木桂
光の雨 ―贖罪― (幻冬舎ルチル文庫)光の雨 ―贖罪― (幻冬舎ルチル文庫)感想
ここで終わるっていうのを知った上で読むと尻切れトンボ感は薄らぎます。
読了日:9月1日 著者:かわい有美子
月一滴 (クロスノベルス)月一滴 (クロスノベルス)感想
台風の目、北嶋現る。
読了日:9月1日 著者:かわい有美子
marisol (マリソル) 2013年 02月号 [雑誌]marisol (マリソル) 2013年 02月号 [雑誌]感想
マリソルの海外スナップはかなりよいです。
読了日:9月1日 著者:

読書メーター
関連記事
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。